割り切りの出会いとはどのようなものなのか、もう分かっている人も多いかもしれませんが、一応整理しておくこととします。

 

 

先述の通り、出会い系の世界で“割り切り”と言う場合、それはすなわち援助交際のことを指します。
援助交際といえば18歳未満の女の子を相手とするイメージを持っている人もいるかもしれませんが、出会い系では18歳未満を対象としませんので『児童買春・児童ポルノ処罰法』に抵触する恐れはありません。
では『売春防止法』はどうでしょうか?この法律では「売春」を「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手と性交をすること」と規定されていますから、援交も売春と見なされます。
しかしながら売買春には罰則の規定がないため合法と変わらず、よって“割り切り”の出会いをすることで処罰される心配はありません。

 

 

ならばなぜ「割り切り」とか「大人の交際」とかの隠語が使われているのかというと、『売春防止法』にはグレーゾーンである部分があるからです。
ですから大っぴらに売買春をすれば問題となる可能性があるので、その点は注意が必要です。

 

 

また、割り切りでの出会いでセックスに至った場合、女性は行為に事務的になることが多いと思っておいた方がよいでしょう。
なぜなら、恋愛感情や親近感がないうちに行為に及ぶからです。
セックスが好きな女性であった場合でも、人間ですから気分が乗らないことも当然あります。
あくまで女性はお金目的である事を忘れてはなりません。
割り切りの出会いによって生活を支えている場合も多く、女性は割のいいアルバイトをやっている感覚なのです。
逆にいえば、お金をもらえなければ初対面の恋愛感情もない男とセックスをするわけはないのです。

 

個人差はあるでしょうが、事務的なセックスになることはある程度仕方のないことだと思っておきましょう。

 

割り切りサイトランキング
推定利用者数から独自に評価