売春防止法とは、先述の通り「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交をすること」をいいます。
よって、割り切り出会いは売春防止法に抵触することとなります。
しかし、売春防止法に抵触するかといって、対償を受ける性行為に罰則規定はないため、結果的には合法と同じこととなります。

 

 

割り切り出会いではお金の授受が行われますが、それは必ずしも性行為への対価としてではなく、男性が女性にお小遣いをあげているのだと主張することもできます。
また、割り切り出会いでは、一応女性には男性を選ぶ権利がありますし、会った瞬間に「この人と性行為をしたい」という気持ちになったのだとすれば、それは「不特定の相手方」への行為であると限定できなくなります。
こういった理由が、割り切り出会いを処罰の対象にしにくくしているのです。

 

 

しかしながら、対償を受ける性行為があからさまな表現とならないために、あえて「割り切り」という言葉に言い換えてみたり、またはホテル代は別で三万円を要求することを「ホ別3」と言い換えたりと、その世界でしか通じない隠語が使われているのが現実です。
このことから、割り切り出会いを希望する人たちは、詳しくは知らずとも、何らかの法律に抵触する、もしくは抵触する可能性があるかもしれないという認識を持っていることが伺えます。
こういった雰囲気に嫌悪感を抱いたり、多少の危険を感じ取る人もいますが、そういう人は初めから割り切り出会いはやらない方がいいのかもしれません。

 

結局法律に抵触しても罰則を受ける危険性はないのだから、そこまで小難しく考えずに、成熟した判断力をもった大人が、自らの意思で出会いを選択しているのだと思える人は、割り切り出会いを活用していける人であるといえます。

 

割り切りサイトランキング
推定利用者数から独自に評価